マンション投資で赤字になっても心配ない

マンション投資をしている人の中には、決算のたびに赤字になっているという人もいるようです。赤字になるのならやめておいたほうが良いと考えるのは自然なことなのですが、これは必ずしも悪いことではありません。
というのも、そもそも赤字というのはあくまでも帳簿上の話だからです。


賃料収入が少なくて経費が多くなってくると赤字になるでしょう。

しかし、赤字になることとお金がなくなることとは別です。


帳簿上では様々な経費が計上されますが、その一つとして減価償却費があります。


減価償却費は建物の劣化を経費として計上できる仕組みです。
建物が劣化したことによって資産は減少するという考え方に基づいて会計処理がなされるのですが、建物が劣化しても現金が出て行くわけではありません。


つまり、経費として計上できるのですが、お金は減っていかないのです。


マンション投資では建物に対する減価償却費も大きくなりますから、かなりの赤字になっていることもあります。

赤字になったとしても現金が手元に十分にあれば問題ないでしょう。


それどころか、赤字を活かして税金対策ができるという点にも注意しなければなりません。赤字であれば税金を支払う必要はありません。


また、他の所得と相殺できることも多いですから、例えばサラリーマンが節税のためにマンション投資を始めるケースもあります。


赤字になったからと言って焦るのではなくて、それを活用していくことは必要でしょう。


果たして将来は年金で生活をしていくことができるのでしょうか。


こんなことを不安に思う人もいるでしょう。
現在の日本政府の財政は非常に深刻な状態ですから、今まで収めてきた年金をもらうことができないという自体に陥る可能性があります。
このような不安を持つのは仕方のないことなのですが、その対策を考えていくことは必要なことの一つだと言えるでしょう。

どうやっていけばよいのか検討もつかない人がいるかもしれません。

対策と言っても自分で資産形成をしていくしか方法はないのですが、そのための一つの手段としてマンション投資があります。

マンション投資をすることによって長期的な資産形成ができるというメリットがありますし、毎月賃料収入を得られるというメリットもあります。

他にも様々なメリットがありますが、老後のことを考えた場合には毎月収入を得られるというメリットは非常に大きいことだと考えられます。老後のことを考えてマンション投資をするのであれば、老後にはローンを完済しているのが理想的です。


ローンを来んで不動産を購入し、そして定年になるまでには返済を続けていくことはできるでしょう。
定年になった時にはすでにローンは完済しているという状況が理想的で、その後は賃料収入を受け取ることによって生活費を賄っていくことができます。老後のために行うのであれば、完済する年齢についても最初にきちんと決めたうえで返済をしていくことが必要だと考えられます。

浜松で賃貸の経営の有益な情報を提供します。

特別な浜松リノベーションについての情報ををお探しの方は必見です。



浜松空室ならお任せください。

あなたのご要望に応じた銀座レーザー脱毛の口コミの情報が更新されています。

http://www.nikkei.com/article/DGXNMSJU45102_T01C12A2000000/

http://smany.jp/6781



関連リンク

マンション投資と今後の人口動向

マンション投資を行うといっても、入居者がいなければ経営は成り立ちません。入居者をどうやって確保するのかをきちんと考えていかなければなりませんが、個別の物件の要件よりもマクロで見た人口動向を把握しておくことは必要でしょう。...

more

マンション投資は管理会社選びも重要

保有している土地にマンションを建ててマンション投資を始めたら、まずやるべきこととして管理会社選びが有ります。マンションを管理するにはいろいろやることが有って一個人には無理です。...

more