マンション投資と今後の人口動向

マンション投資を行うといっても、入居者がいなければ経営は成り立ちません。


入居者をどうやって確保するのかをきちんと考えていかなければなりませんが、個別の物件の要件よりもマクロで見た人口動向を把握しておくことは必要でしょう。


日本では少子高齢化が続いていますから、人口は減少していくと予想するのが妥当です。


人口が減少していけば住宅に対するニーズは減少しますから、マンション経営が難しくなると考えるのは自然なことです。


しかし、これは全体的に見た場合で、地域によっていろいろな違いがあります。



東京や大阪などの大都市圏では、地方から人口が流入する傾向があります。

日本の人口が全体的に減少していても、大都市圏では増えている地域もあります。


このような地域であれば、マンション投資が成功しやすいと考えられます。地方の郊外にも住宅地はあるのですが、これらの地域では今後は需要が低迷すると考えるのが妥当です。



このような状況は容易に予想できることでしょう。それが外れる可能性もありますが、やはり人口が減少している地域でマンション投資をするのはあまり良いことではありません。
できることなら需要が安定している地域に物件を保有するのが良いです。

地方都市の郊外には利回りの高い物件が多くありますが、将来性はあまりないと考えておいたほうが良いです。

長期的に安定した収入を確保しようと思うのなら、大都市圏のできるだけ中心部に近いところが適しています。
マンション投資をすると言った時に、マンションの建物をすべて購入するのか、それとも一室だけを購入するのかで手法は大きく変わってくると言えるでしょう。



マンションの建物をすべて購入することを一棟買いと呼び、一室だけを購入することをワンルーム投資と呼びます。



ワンルーム投資のメリットは、初期費用が安いことです。


一室だけを購入するわけですから、その代金はそれほど高くはありません。


例えば、サラリーマンならローンを組んで手軽に購入できるでしょうから、マンション投資を始めようと考える人ならワンルーム投資を行うのは自然なことだと考えられます。



ワンルーム投資は、一室しかありませんから収入が不安定だというデメリットがあります。



入居者が入れば100%で、いなければ0%という収入になりますから、収入が全くない時期もあります。
それにもかかわらず管理費や修繕積立金などを支払っていかなければなりません。

一棟買いの場合には、全室が空室になると言ったことはありませんから、収入の安定性では優れていると考えられます。



しかし、代金が高いですから、ローンの金額も大きくなりがちです。



少額で始めることができないわけではありませんが、リスクも高くなるという点には注意しなければならないでしょう。

ただ、管理の手法は工夫できますから、管理費用を安くして収益性を高めていくこともできます。

マンション投資ではワンルーム投資と一棟買いとで大きく特徴が異なりますから、よく検討しましょう。

関連リンク

マンション投資と今後の人口動向

マンション投資を行うといっても、入居者がいなければ経営は成り立ちません。入居者をどうやって確保するのかをきちんと考えていかなければなりませんが、個別の物件の要件よりもマクロで見た人口動向を把握しておくことは必要でしょう。...

more

マンション投資は管理会社選びも重要

保有している土地にマンションを建ててマンション投資を始めたら、まずやるべきこととして管理会社選びが有ります。マンションを管理するにはいろいろやることが有って一個人には無理です。...

more