マンション投資とはどういうことか

企業に勤めていて月給以外に収入が入れば楽になると考える人も多いものです。

これは不動産投資と呼ばれ投資用の不動産物件を購入してそれを賃貸に回すことで借り入れのローンを組んだ場合にもそこから家賃収入が入ったものを充てることができますので利益が期待できます。


もちろんマンション投資はリスクも伴い、賃貸に供されたマンションが空室などが生じるとたちまち家賃が入ってこなくなります。


そのリスクを最小限に抑えるには利回りが最低でも5%以上は期待したいものです。それにはワンルームマンションが需要も多く、特に首都圏の都心部の主要な駅近くにあって、回りに利便施設が揃っていると空室も出難いものとなります。


サイトにおいては投資用のマンションの紹介を行うところも見られ、会員登録すると色々な情報が得られるようになっています。

物件一戸当りの平均価格は約1200万円となっています。

これで利回り9.01.%と仮定すると賃料収入は年間で112万円、1ヶ月当り9万4千円となります。
それに諸経費の税金や管理費、保険、修繕積立金などが2割ぐらいかかりますのでこれを差し引くと月7万5千円ぐらいになります。

マンション投資では最初の10年前後ぐらいまでは資産価値の低下やローン金利の上昇、空室率などがあってあまり収益は期待できないものですが、これ以降は条件がよければ元も取れる場合があるといわれています。

マンション投資では定期的に住宅設備を新規に変えたり、メンテナンスにも注意を配っておくことが大切です。マンション投資を行っていても、空室や滞納があると利益を十分に得られないこともあります。


このような心配をする人も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

確かに空室や滞納のリスクはあります。これはマンション経営をするときには避けて通ることはできません。マンション投資をする際にはリスクを完全に排除することを考えるのではなくて、リスクを小さくすることを考えておいたほうが良いです。

例えば、空室を減らすためには立地をしっかりと考えるというのは良い方法だと考えられます。
立地が良ければ需要も高いですから、空室ができてもすぐに入居者が決まる可能性が高くなります。

それによってリスクを小さくすることも可能です。


また、家賃の設定を細かく気を配っていくことも必要なことの一つでしょう。


周辺の物件よりも割高であれば、部屋探しをしている人は他の物件に入居することになるでしょう。

大体の相場がどれく相7日を常に把握したうえで家賃を細かく設定していくことは必要です。

滞納については、滞納保証を利用するのは良い方法だと考えられます。
滞納保証を受けるためには保証料などを支払わなければならないですが、それによってたいのうリスクを抑えることはできるでしょう。

他にも一括で融資をするという方法もあります。

マンション投資をする際にサブリースの契約などを利用すれば、空室や滞納が生じていても、それとは関係なく賃料収入を得ることができますからリスクヘッジになります。

五反田の会議室に関する情報が閲覧できます。

浜松で輸入住宅赤毛のアンの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

待望の大崎の会議室情報を網羅した総合サイトです。

建設のニュースにまつわる情報をまとめています。

浜松で空室対策のお役立ち情報はこちらのサイトです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNMSJU45102_T01C12A2000000/

http://okwave.jp/qa/q4310638.html

http://www.asahi.com/sp/and_M/information/pressrelease/CPRT201613096.html

関連リンク

マンション投資と今後の人口動向

マンション投資を行うといっても、入居者がいなければ経営は成り立ちません。入居者をどうやって確保するのかをきちんと考えていかなければなりませんが、個別の物件の要件よりもマクロで見た人口動向を把握しておくことは必要でしょう。...

more

マンション投資は管理会社選びも重要

保有している土地にマンションを建ててマンション投資を始めたら、まずやるべきこととして管理会社選びが有ります。マンションを管理するにはいろいろやることが有って一個人には無理です。...

more