生命保険代わりにマンション投資

マンション投資をするメリットの一つが生命保険代わりになることです。


多くの人はマンション投資を始める際にローンを組みますが、このローンを組むときには団体信用生命保険という保険に加入しなければならないのが普通です。


団体信用生命保険とは、万が一の時にローンを支払わなくても良くなる保険です。


もしも死亡した場合、ローンの残金は保険金によって完済されますから、借金が残ることはありません。

死亡した場合には、ローンが完済されたうえで、物件は相続の対象となります。
ですから、家族はローンがなくなったうえでマンションを保有できるというメリットがあります。


生命保険というのは、万が一の時に生活をしていくための費用を何とかするためのものでしょう。


それを考えれば、マンション投資をしていれば、生命保険に加入する必要はないとも考えられます。
多くの人はすでに生命保険に加入していると思いますが、このようなひとにとっては、ローンを組む際に見直しをすることは必要なことの一つだと考えられます。
万が一の時には、一般的な生命保険から保険料を受け取ることができ、そしてマンション投資さんが残ることになれば、生活をしていくための費用は十分過ぎます。


それを考えれば、一般的な生命保険に加入しているのは少し無駄だと考えられます。それぞれのケースによって異なるとは思いますが、マンション投資を始めれば生命保険を見なおして、保険料を抑えるというのが一般的な考え方です。

マンション投資のメリットの一つが高い利回りです。

かつては資産運用といえば預貯金に頼っていた人がたくさんいました。現在でも預貯金を中心に資産を保有している人はたくさんいます。それ自身が悪いわけではないのですが、資産を増やすという点ではあまり魅力的ではありません。

というのも、利回りがあまりにも低いからです。あまりにも低いために、資産がほとんど増えないというのが現状ではないでしょうか。マンション投資のメリットは高い利回りで運用できることが挙げられます。

手法によって利回りは異なりますが、5%くらいの高い利回り運用できるケースが多いです。


例えば5000万円の物件を取得した場合、5%というと年間で250万円の収入を得られることになります。これだけの収入があれば非常に魅力的なことではないでしょうか。

もっと高い利回りがほしいという人なら、ローンを組むのは良い方法です。
ローンを組めばさらに高い利回りを得ることもできます。

幸いなことに、マンション投資ではローンを組みやすいというメリットがあります。
銀行からお金を借りるというと、かなり厳しい審査を受けなければならないというイメージが先行してしまうものですが、マンションなどの収益物件を取得するにあたってはそれほど厳しくはありません。


購入する物件を担保に入れることができるために、審査はかなり甘くなりますから、普通の人でもマンション投資なら始めることができるでしょう。



厳選した鳥取環境大学近くのアパートの情報がてんこ盛りのサイトです。

浜松でリノベーション賃貸情報を集めたサイトです。

大崎の会議室について知りたいならこちらです。

五反田の会議室の最新情報をご提供します。

http://next.rikunabi.com/journal/entries/2015/09/02

https://i.4meee.com/articles/view/11000950

http://okwave.jp/qa/q8213890.html

関連リンク

マンション投資と今後の人口動向

マンション投資を行うといっても、入居者がいなければ経営は成り立ちません。入居者をどうやって確保するのかをきちんと考えていかなければなりませんが、個別の物件の要件よりもマクロで見た人口動向を把握しておくことは必要でしょう。...

more

マンション投資は管理会社選びも重要

保有している土地にマンションを建ててマンション投資を始めたら、まずやるべきこととして管理会社選びが有ります。マンションを管理するにはいろいろやることが有って一個人には無理です。...

more