マンション投資では売却を視野に

マンション投資を行うときには長期的な視点で投資することが必要ですが、売却を視野に入れておくことも必要なことの一つだと言えるでしょう。というのも、マンションは物理的なものですから、いずれは取り壊さなければなりません。


簡単に取り壊すことができればよいのですが、費用もかかることですし、また区分所有であれば所有者全体の意見をまとめることも必要となりますから、簡単ではないと考えておいたほうがよいでしょう。

取り壊すことができるのならまだマシなのですが、それができない場合もあります。
老朽化した物件を保有し続けていれば、管理費や修繕積立金を支払い続けなければなりません。
資産形成のつもりで所有したにもかかわらず、ずっとお金を払い続けなければならなくなることもあります。

そうならないようにするためには、適度なところで売却することを考えなければならないでしょう。
十分に稼いだのならどこかで売却するというのが基本的な姿勢です。


具体的にいつ売却するのかというのはそれぞれの考え方で異なるでしょうし、その時の情勢によっても異なりますが、築10年で売却価格は大きく減少します。

ですから、新築のマンションを取得してマンション投資を始め、ある程度稼いだのなら10年位でマンション投資を完了させると言った姿勢を持っておくとよいでしょう。

ケースバイケースですが、永遠に保有することはできませんから、どこかで売却することは常に視野に入れておかなければなりません。


マンションを取得して長期間にわたってマンション投資を続けていこうと考える人はお多くいると思いますが、そのためには手間をかけることが必要となります。

長期間にわたってマンション投資を続けたいと思っていても、マンションそのものの耐用年数を考えれば、永遠に同じ建物で投資を続けることはできません。

法的な耐用年数としては、木造建築が22年で、鉄筋コンクリートなら47年となっています。

これはひとつの目安として考えておくと良いです。
ただ、耐用年数が来れば使えないというわけではありません。


きちんと手入れをしていれば長く使うことはできます。

例えば鉄筋コンクリートなら60年くらいはそのまま使えることが多いですし、手入れをきちんと行っていれば90年くらいは使い続けることもできます。
老朽化したり、修繕が必要な箇所が生じたりした時に、何もせずにそのままにしておくのではなくて、すぐに回収すると言ったことが必要となります。
また、外壁や屋根などの部分について言えば、定期的にリフォームしていくことも必要でしょう。


防水加工をすることや塗装をやりなおすといったことを続けていれば、建物は長く使うことができます。

これらの管理については管理会社を使うのも良い方法です。また、建築会社のサポートがあると頼もしいです。


管理会社や建築会社がしっかりしていれば、必要な修繕がどのようなものなのかを教えてくれるでしょうし、アドバイスもくれると思いますから、マンション投資のパートーナーとも考えることができます。

アルミサッシの情報をお知らせいたします。

こだわりの浜松で輸入住宅ガレージの情報をご案内しているサイトです。

様々な分野の建設の入札の特別な情報を載せています。

アルミサッシ使いやすさが好評です。

知って得する会議室の研修情報といえばこちらです。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5884894.html

http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/30198401/

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159700012

関連リンク

マンション投資と今後の人口動向

マンション投資を行うといっても、入居者がいなければ経営は成り立ちません。入居者をどうやって確保するのかをきちんと考えていかなければなりませんが、個別の物件の要件よりもマクロで見た人口動向を把握しておくことは必要でしょう。...

more

マンション投資は管理会社選びも重要

保有している土地にマンションを建ててマンション投資を始めたら、まずやるべきこととして管理会社選びが有ります。マンションを管理するにはいろいろやることが有って一個人には無理です。...

more